▼ CATEGORY  ADVERTISEMENT

海外VWのEVコマーシャル。2014.12.16 Tue 08:26

フォルクスワーゲンのCMはいつも面白かったり、おしゃれだなと思って見ています。
このCMは多分80年代前半くらいの設定で、昔のゴルフに乗ったお兄さんが
パワーウィンドウを自慢げに仲間に見せびらかすというもの。

何故、今になって軽自動車にも当たり前のように装備されているパワーウィンドウを?
と思って見ていると、ナレーションが流れます。

「フォルクスワーゲンはいつの時代もちょっぴりエレクトリック(電子的)でした。」
「でも今では100%エレクトリックもあります!」

とってもキャッチーですよね。

80年代前半は僕は小学生の頃で、当時の実家の車にはパワーウィンドウがありませんでした。
なので、親戚の大きな車に乗せてもらうと、パワーウィンドウで遊んで怒られた記憶が
あります。きっとそういう経験のある年齢層に響くと思って作られたのかな?


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ADVERTISEMENT  -  

ランボルギーニのかわいいTVCM。2014.05.03 Sat 09:55

超高級スポーツカーブランド、ランボルギーニのイメージは、やはりスピード。
時速300kmなんてへっちゃら〜な車がほとんどで、その代わりお値段もマイホーム並み。
そんなブランドでもテレビコマーシャルを打つのか!と意外でしたが、
これがとってもかわいらしかったので、ご紹介します。

季節外れではありますが、舞台は雪国の小さなパブ。
サンタさんが一人カウンターに座って、甘そうなドリンクを飲んでいます。
ちょっと強面のバーテンダーは最初機嫌良さそうにドリンクを出しているのですが、
何杯もおかわりをしてくるサンタさんに、ちょっとイライラし気味。

その理由は、時計の針がだんだん真夜中に近付いているから。
「おいサンタさん、アンタそろそろプレゼント配りに行かなきゃいかんだろ!」
と、言葉は発していませんが、目でそう訴えかけています。

でも、サンタさんはおかまいなしに、おかわりを続けます。

店の外が映されると、そこにはトナカイのソリではなく、ランボルギーニが(笑)。

そしてコピーが表示されます。

ああああ、かっこいい。それまでのまったり空気を吹き飛ばすような
エキゾーストノート。

しかも、4輪駆動車なので雪の上でも走れるよってさりげなくアピールしてますね。
実際はどうなんでしょう。
僕なら4000万円を超える車を雪道で運転なんてできませんけど(汗)。

あ〜、かっこいい。

そして動画をもうひとつ。
こちらはトップモデル「Lamborghini Aventador LP700-4(アヴェンタドール)の
オフィシャルコマーシャルです。
このかっこよさを伝えるためには、言葉さえ要らないんですね。


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ADVERTISEMENT  -  

何回観ても泣いちゃうムービー。Giving.2014.04.23 Wed 00:01

タイの感動動画 Giving

少し前に発見して以来、何度観ても泣いてしまう動画を紹介します。

タイの携帯電話事業者TrueMoveHのコンセプトムービーで
「見返りを求めず、与えることのすばらしさ」を表現したもの。

冒頭で貧しい少年が病気の母を助けようと、薬を万引きしてしまいます。
彼が捕まえられてしかられているところに、となりの食堂の亭主が
助けに入り、薬代を払った上に、スープを少年に持たせます。

少年は礼を言うこともなく、走り去ってしまう。

そして舞台は30年後。
食堂の亭主は年を取ったものの、人に与えるという気持ちは変わっておらず、
その日もホームレスにスープを持たせました。
その直後、彼は病に倒れてしまう。

莫大な治療費に困り、亭主の娘は店を売りに出す事を決意。
途方に暮れながら、病院で父に寄り添っています。

娘はふと眠ってしまい、目覚めると医療費が全て支払われています。
そこにはこう書かれていました。

「全ての費用は30年前に3つの薬と野菜スープで払ってもらっています。」

そう、亭主が助けた少年が医者になっていて、
今度は逆に助ける側に回ったという話。

ありがちなお話ですが、本当に涙を誘われます。

たった3分程度のムービーで、ここまで優しい気持ちになれ、
感動を与えられるってすごいことだと思いますね!


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ADVERTISEMENT  -  

かわいいけれど、ヘビーでもあるPV。2013.06.26 Wed 11:27

タイトル”Dumb Ways to Die”は「ばかばかしい死に方」という意味。
その名の通り、様々な死に方がキュートなキャラクターたちによって表現されます。

映像と音楽がかわいいので子供も喜びそうなタッチだし、
根本にあるのは「命を大切にしよう」という鉄道局からのメッセージなのですが、
日本の鉄道会社ではきっとこういう表現はしないんでしょうね。

賛否両論に分かれそうですが、僕はこんな風に頭を柔軟にして考えることも
時として必要じゃないかなと感じました。

P.S.とってもかわいいですが、かわいいなりにスプラッターな表現もありますので
苦手な方はご注意ください。


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ADVERTISEMENT  -  

「銀のさら」のWEB CMがすばらしい。2013.06.19 Wed 11:02

テレビコマーシャルに比べて、長い尺でストーリーを考えられることもあり、
ウェブコマーシャルには凝っていて、面白いものが生まれています。

この「銀のさら」さんのCMもそのひとつ。
コマーシャル撮影の舞台裏をコミカルに流しつつオチへ。。。

きっとクスっとするはずです。

繰り返して観たくなるCMは少ないですが、
こうやって誰かに教えたくなるものは、それだけで成功作と言えますね。


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ADVERTISEMENT  -  
12345
カレンダー
« 9月 2019 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アーカイブ
カテゴリー
最近の投稿
タグクラウド
リンク