▼ CATEGORY  ADVERTISEMENT

SUBWAY オーダーメイド彼氏 CM。2013.03.05 Tue 17:23

もう半年くらい前に公開されたSUBWAYのコマーシャルですが、
改めて面白いなあと感じたのでご紹介します。

サブウェイでサンドウィッチを注文したことのある人なら、
オーダー開始から完成までのチョイスの多さに戸惑う感じが
きっと分かるはず。

慣れっこになってしまえばなんてことないかもしれないけど、
クールにオーダーしようとするとかえって慌てて不本意なことを言ってしまったり。
(僕だけですかね、こんな経験があるのは。。。)

その不憫さ?を逆手にとったのがこのCM。
約2分という長さからしてウェブCMという利点を生かしてますが、
ここで注文するのはサンドウィッチではなく、「彼氏」。

3部構成になっていて、主人公と店員はずっと同じなんですが、
主人公の心の移り変わりが面白いです。

オーダーの楽しさもしっかり伝わってきますし。

日本ではまだ歴史の浅いサブウェイですが、世界的に見るとマクドナルドより
店舗数が多いのだとか。。。

ではでは、CMをどうぞ。


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ADVERTISEMENT  -  

ヘヴィメタルの神様、オジー・オズボーンがCMに出てた!2012.09.26 Wed 08:00

Crazy TrainやMr.Crowelyなどの大ヒット曲を持つ、メタル界の神様、
オジー・オズボーンが面白いCMに出てるのを偶然発見。
ランディ・ローズも天国で見て笑ってるんだろうなあ。

■SAMSUNG COMMERCIAL

■BEST BUY COMMERCIAL(ジャスティン・ビーバー君も出てます)


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ADVERTISEMENT  -  

修正液のコマーシャル on Youtube。2012.04.13 Fri 07:45

2012年のとある日、静かな場所でハンターとクマさんがバースデイパーティーを
開いていると、空から何やら…。

ムービーの途中で二択のリンクボタンが表示されます。

どちらを選んでも行き着く先は同じでした。
HUNTER AND BEAR’S 2012 BIRTHDAY PARTY という
タイトル部分の”2012″をハンターが修正液で消しますので、
好きな年号を西暦で入力してみてください。

時代に合わせたプロモーションビデオが再生されます。

全部で何種類ビデオが用意されているのかは不明ですが、
20世紀だと10年ごとくらいに映像が変わり、
それ以前だと100年単位や、数百年単位で切り替わるようです。

楽しいですよ。


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ADVERTISEMENT  -  

フォルクスワーゲンパサートの海外CM。2012.04.01 Sun 00:01

なんともかわいらしいコマーシャル。
ダースベイダーに扮した子どもが、イロイロな場面で
フォースを使おうとするのですが、ことごとく失敗。

そこにパパがパサートで帰って来るのですが…。

僕もかなりスターウォーズ好きなので、
この子の気持ちはよーく分かります(笑)。


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ADVERTISEMENT  -  

名コピーには、心を動かされます。2012.03.29 Thu 00:01

「死ぬのが怖いから、飼わないなんて、言わないで欲しい。」

なんてストレートに、身近な言葉で、強い訴えをしてくるコピーなんでしょう。
「死ぬ」というインパクトの強い言葉で始まるからドキっとするだけではなく、
キャッチに続くリードコピーと重なって、とても力強さを増します。

動物を飼いたいと思っても、飼えない理由として
きっとたくさんの人が考えた事のあること。
「死んでしまったらかわいそうだから」

実際に動物を飼って、失ったことのある人なら
余計にそう感じるかもしれません。
僕自身も犬や猫、うさぎやカメやボタンインコなどいろいろ飼っていましたが、
死んでしまうととても悲しいし、やはり同じように思った事があります。

でも、このコピーを読むと「はっ」としました。
上の画像では少しキャッチコピーが読みづらいと思いますので、以下に。

書いたのはコピーライター、児島令子さんです。

死ぬのが怖いから
飼わないなんて、
言わないで欲しい。

おうちを汚すから飼わないというなら、
犬はお行儀を身につけることができる。
留守がちだから飼わないというなら、
犬はけなげにも、孤独と向き合おうと努力する
かもしれない。貧乏だから飼わないというなら、
犬はきっといっしょに貧乏を楽しんでくれる。

だけど・・・死ぬのがこわいからと言われたら、
犬はもうお手上げだ。すべての犬は、永遠じゃない。
いつかはいなくなる。でもそれまでは、
すごく生きている。すごく生きているよ。
だぶん今日も、日本中の犬たちはすごく生きていて、
飼い主たちは、大変であつくるしくって、
幸せな時間を共有しているはず。

飼いたいけど飼わないという人がいたら、
伝えて欲しい。犬たちは、
あなたを悲しませるためにやっては来ない。
あなたを微笑ませるためだけにやってくるのだと。
どこかの神様から、ムクムクしたあったかい命を
預かってみるのは、人に与えられた、
素朴であって高尚な楽しみでありますよと。

やっぱり文章のチカラってすごいです。


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ADVERTISEMENT  -  
12345
カレンダー
« 9月 2019 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アーカイブ
カテゴリー
最近の投稿
タグクラウド
リンク