▼ CATEGORY  ANYTHING GOES

ストリートビューで20代の頃に住んでいた建物へ。2015.03.20 Fri 00:01

blog03202015a

時々ストリートビューで昔住んでいたところを旅したりするのですが、
画像が更新されていたりして、最近の雰囲気を楽しめるのが面白いですね。

先日、お客様とニューヨークの話になったこともあって、急に懐かしくなり、
少し振り返ってみました。

blog03202015b

最初に借りたアパートはここでした。ニューヨーク市の5つある区の中で、
唯一アメリカ本土にあるBRONX。1つめに通った大学から1.5kmくらいの距離で
地下鉄の駅から近い割に、上品目なエリアのせいか静かな環境でした。

渡米してすぐ、右も左もわからないときに、大学の留学生センターで
家探しを手伝ってくれるという女性を紹介してもらい、とっても親切で
2週間ほどで家が決まったのですが、決まるまでその人が不動産エイジェントとは
知らず(笑)、家賃1.5ヶ月分の手数料を取られました。
が、大家さんとうまが合わず、4ヶ月で引っ越すことに。

blog03202015c

2件目がこのアパート。こちらは最初のエリアと違って、ラテン系の住民が多い
けっこう賑やかな地域でしたが、安くて美味しいお店があったり、近くに
韓国人が経営するスーパーがあったりして住みやすかったです。

が、ひとつ決定的な問題が。。。

僕は虫が苦手なのですが、夏になると茶色いアイツが。。。
古い建物だしNYでは仕方ない面もあるのですが、このアパートのG事情は
半端無かったです。

2年弱住みましたが、マンハッタンの大学に編入したこともあり、
引っ越しを決意。

blog03202015d

3つ目はこのChef 28という中華レストランの2階。写真に映っている2階には
ジャニスジョプリンみたいなかっこいいお姉さんが住んでいましたが、僕は奥側で
日当たりゼロ。家を出ればエンパイアステートビルがすぐそこに見えるという
好立地で、大学にも近かったのですが、お世辞にもキレイとは言えない物件でした。
でも家賃が相場の1/3以下くらいだったので、5年半住んでました。

ある日、洗面所の天井が崩れ落ちてきて、引っ越すことに(笑)。

blog03202015e

最後に住んだのがこちら。アポロシアターで有名なハーレムのど真ん中。
アポロまでは歩いて2分ほどでした。格安物件でしたが、広くて、
この目の前にあった駐車場から連れて帰ってきたクロネコと暮らしていました。

僕が住んでいたときとは外壁が変わっていますが、想い出深いアパート。

あ〜、とってもニューヨークへ行きたくなりました。。。


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ANYTHING GOES  -  

ダイニングテーブルでノマド気分。2012.09.28 Fri 00:29

いつもデザイン作業はメインマシンであるiMac 27インチに向かって行っているのですが、
今日はコピーを考える作業が主だったので、気分を変えてMacBook Proを
ダイニングテーブルにセットして、ノマド気分で作業していました。

食事をするのはなれているダイニングでも、仕事をしたことはなかったので、
ごくごく新鮮な気分を味わえ、いい気分転換にもなりました。


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ANYTHING GOES  -  

鯉のぼりが仁淀川を泳いでました。2012.05.05 Sat 00:01

高知県吾川郡いの町は『不織布』の生産が有名で、その不織布で作った鯉のぼりを
仁淀川で泳がせるというイベントが毎年行われています。

とってもきれいな川で文字通り泳いでいる鯉のぼりたちが、
なんだかとっても気持よさそうでした。

子どもの頃に両親が飾ってくれていた鯉のぼりのことを、ふと思い出した1日でした。


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ANYTHING GOES  -  

うるうび。閏日。URUUBI。2012.02.29 Wed 00:01

今日は2月29日。閏日ですね。
昔、閏日生まれの同級生がいて、彼女は僕の1/4のスピードでしか
歳を取らないんだと思ってうらやましく思ったことがありましたが、
事実上2/28が誕生日ということにされてしまっていたのを覚えています。

1日を24時間で区切っていると、4年に1度は1日分の誤差が出る。
ということは、1日は約23時間59分なのか。
などとくだらないことを思ったり。

なんで2月なのか?

これは昔のローマ暦の年始が3月1日で、2月末が年末だったからだそうです。

しかし、なんでそもそも2月は28日までなんでしょう?
31日までの月を2か月減らして、2月も30日までにしたらいいのに!
と、月末に締め切りが多い仕事をしているデザイナーとしては思うんです。

調べてみるとどうやら年の始まりが3月だったので、3月=31日、4月=30日・・・
と交互にした結果、年末の2月で調整するしかなかったという説。
他にも説はあるようですが。

そして閏年ということは、オリンピックイヤーでもありますね!
今年のロンドンオリンピックは夏期オリンピック第30回目だそうです。
もりあがりそうですね!

どんどん話は脱線していきますが、僕が生まれた年もオリンピックイヤーで、
しかも夏のミュンヘン、冬の札幌と夏冬同時開催でした。
完全に記憶から消えてしまってましたが、夏と冬が2年おきに開催されるように
なったのは90年代になってからのことだったんですね。

だからどうした。 (((;꒪ꈊ꒪;)))


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ANYTHING GOES  -  

Mini Clubvan – おしゃれな働く車 –2012.02.23 Thu 00:01

お店ロゴの入ったミニ・クラブマンと思いきや、2012年3月から開催される
ジュネーブモーターショーに出品予定のコンセプトカーのようです。
よーく見ると、クラブマンの特徴である観音開きのドアがない!


でも、まだどこがどうコンセプトカーなのか分からない!
実は家庭用乗用車としてではなく(もちろん趣味の車としても楽しいと思いますが)、
商業用バンとして開発されたクラブマンベースのミニ、クラブバンとのこと。


背面ドアにもでっかくロゴが。
これは社用車としてもアピール力大ですね。
本来バンは荷物を運ぶことがメインのお仕事。
コストをかけず、少々ぶつけてもヘコンでもOK!
みたいなところがあるのに対して、「どうですか?おしゃれなバンは?」
と提案してくるミニ。これは先に発表されたミニロードスターよりも
需要があるんじゃないかと個人的には思う程です。
(ミニロードスターは実物見ましたが、可愛かったですよ)


じゃじゃーん。やっとバンとしての正体が。
クラブマンならあるはずの後部座席がありませんね!
その代わりに荷物がたっぷり!


荷物が空の状態だとこんな感じ。なんだか頑丈そうですね。


インテリアはミニそのものな感じのようです。
やっぱりおしゃれ!

貨物固定用の6本のストラップや12V電源のプラグソケットを備えるなど、
使い勝手の面でも改良されているようです。
お店の車としてはもちろんですし、カメラマンやスタイリストなど、
荷物の多いクリエイターさんにも人気が出そうですね。

ミニがすごいなあと思うのは、商業バンというすでに確率された広いマーケットにおいて
「おしゃれ」という今まで必要とされてなかった領域を狙って車を開発してきたこと。

どこのメーカーも必要と考えていなかった=売れない

その固定観念を取り払って、柔軟な発想力を持つからこそ
ニッチかもしれませんが、確実に新たな需要を築き上げようとしてるのではないでしょうか?
(photo : German Car Scene)


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ANYTHING GOES  -  
12
カレンダー
« 12月 2018 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アーカイブ
カテゴリー
最近の投稿
タグクラウド
リンク