▼ CATEGORY  ANYTHING GOES

第21回 愛媛輸入車ショウに行ってきました。2012.02.12 Sun 12:35

アイテムえひめで開催された、愛媛輸入車ショウに行ってきました。
開場に近づくにつれて、「あ、絶対この人も輸入車ショウ目的だ!」と思える
それっぽいクルマが走っていて、開場への道中からワクワク。

入場してみるとまず目に入ったのが、バットモービル!
全長6.6m、幅2.4m、ホイールベース3.6mというド迫力の1台。
ホイールベースと僕の車の全長が35cmしか変わらないという(笑)。

次に目に止まったのが、Caterham Road Sport 200(ケーターハム)。
スーパー7の現行型です。この車が新車で買えるなんて知りませんでした。
運転したことも乗ったこともありませんが、400万円で買えるレーシングカーです、これは。

120馬力ってたいしたことないって思われそうですが、車重がなんと550kg。
コーナーの多いサーキットを走れば、550馬力のNissan GT-Rのタイムを
上回ったりするらしいです。

ただ、その軽量化のために、ドアも屋根もありません(汗)。

次は3台のサンダーバード。1955年式、1956年式、1957年式の3台で、
こうして並んで展示されることはとても珍しいことなんだそうです。

大好きな映画「ラ・バンバ」で、主人公のリッチー・バレンスが1959年式の
サンダーバードに乗っていたのをふと思い出しました。

お次は、ルパンカーのFiat 500。コンパクトカーで、装備もシンプルですが、
なんとも上質なデザイン。かわいい〜!とうなってしまいました。
以前、フィアットを所有していたことがあり、その車はよく壊れましたが、
今の車はもうそんなことないんでしょうね。

一軒家にしますか? それともスーパーカーにしますか?

スーパーカーブームを幼児期に体験していたので、スーパーカーと言えば、
ドアが縦に開くこのランボルギーニ!というイメージが強いです。
4、5歳のころに連れて行ってもらったスーパーカーショーのときは
カウンタックLP400に座って写真を撮ったのですが、
このアヴェンタドールLP700-4には触れることも許されない雰囲気。

それもそのはず、この車、定価4,100万円オーバーです。
オフィシャルサイトで84回、頭金なしのローンシュミレーションを行って見ると
(バカですみません)、月々の支払が58万円ほどに。

そこに保険料や自動車税は含まれません!

何もかもがスーパーカーです!

さきほどのランボルギーニと比べると、半額以下!
ですが、これもスーパーなお値段!
今回展示されていた車の中で、個人的に最も美しいと思った車がコレでした。
その正体は、

JAGUAR XKR-S。ジャガーさんです。
しかもこのブルーの似合うこと!
ああ、例え手が届かなくても、美しいデザインを間近で見れるのはとっても嬉しいことです!
それにしても、かっこ良かった〜。

最後に、シボレーカマロに乗ってはしゃいでいる自分です(汗)。

時代はエコカーですが、まだまだガソリン燃やすぞ!と言わんばかりのアメリカンマッスル。
これも「たまらん」感じでした!

いや〜、車って本当にいいものですね!


  • COMMENT:0  -  
  • TRACKBACKS:0  -  
  • CATEGORY:ANYTHING GOES  -  
12
カレンダー
« 5月 2019 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
カテゴリー
最近の投稿
タグクラウド
リンク